BMW 523d


お手入れ履歴詳細

2021年7月22日

納車後、約4年ほど経過しています。

普段のお手入れは、たまにガソリンスタンドで手洗い洗車をされているそうです。

屋根はない環境で、午前中は日陰ですが、午後は強い西日が差す状況です。

今回は初回仕上げなので、しっかり保護膜を作ってゆきます。

ボンネットを水洗いしたタオルの感触は、やはり重いですね。

保護膜は、ほとんどない状態です。

ホイールには、ブレーキダストを含んだ汚れが、蓄積しています。

輸入車は、国産車よりブレーキがよく効くだけに、汚れも付きやすいです。

P8コートで、キッチリ仕上げます。
左の画像・・・もう少し痩せましょう(;^_^A

このくらいのスペースであれば
問題なく仕上げてゆきます!

内窓は、妻が隅々まで拭き残しなく
仕上げました!
ウッドパネルは、ピッチレスコートで
上品な艶感を出します。

まるで、ビリヤードのキューの
ような美しいパネルですね。


ボディの輪郭が際立って、ギラつき感のない品のある艶が作れました。

定期的なケアで、保護膜が厚く強くなり
さらに深みが出てきますので、今後が楽しみです!

これからも、定期的にケアさせていただく予定です!


2021年9月20日

2回目のケアです。

数日前に通過した台風の影響で、大きめの雨染みが付着しています。

左の画像は、水洗い後のボディです。
雨染みが残っています。

この状況ですと、通常のライトケアでは雨染みを埋めるのは厳しそうです。

このような場合は、ピッチレスコートを通常よりも厚めに塗って
放置します。すぐに拭き上げはしません。

放置している間に、タイヤ・ホイールや、窓ガラスを仕上げてしまうイメージです。

時間が経過すると、ピッチレスコートが雨染みをふやかしてくれます。
拭き上げるとキレイに仕上げることが出来ました。

拭き上げた後に、多少の雨染み跡が残っていても
そのまま時間が経過すると、保護膜が浸透してほとんど見えなくなることもあります。


ボディの雨染みは、ケアせずに放っておくと、ボディの中に
浸透していってしまいます。

早めにケアすれば、水洗いのみで除去できますが、
水洗いをしても、雨染みが残ってしまう場合は、今回のように
ピッチレスコート厚塗り→しばらく放置→拭き上げがお薦めです。


厚塗り→放置の目安は、水洗いをした後のボディに雨染みが残っているかです!

皆様の愛車のお手入れの、ご参考にお役立てください!

クリーティングコートの威力を、愛車でご体感されたい方はこちらからお願いします!







愛車仕上げ車輌一覧へ


トップページに戻る







copyright (C) 2019 谷岡/美装 All rights reserved.