FIT


お手入れ履歴詳細



2020年10月24日


こちらのお車は、納車して約一ケ月です。
納車時に施工する、いわゆるディーラー・コーティングなどは
していない状態です。

女性で例えると、洗顔したてのお顔に
何もつけずに、そのままにしているのと同じです。

その状態で、一ケ月経つと・・・

水洗いしても、まったく水が弾きません。 1ケ月分の汚れが、しっかりと付いています 窓ガラスも、一見キレイに見えますが
窓ガラスコートを塗るスポンジが
全く滑らずに、丸まってしまっています。

保護膜ゼロ状態です(;^_^A

このまま放置すると、どんどん油膜がついてゆきます。
いくら新車とはいえ、保護膜ゼロ状態では、
大気中の汚れを、どんどん拾っていってしまいます。

初回仕上げは、しっかり細かい部分にも
保護膜をつけてあげて、「汚れにくい・汚れても、
簡単にキレイになる」車づくりをします。
ホイールは、
路面の汚れに一番影響を受ける場所であり、
ブレーキダストも付着するので、
P8コートの保護膜の上に、
さらにピッチレスコートの保護膜も作ります。

いわゆる「追い保護膜」です((´∀`))
フロントバンパーの黒樹脂部分も、
非常に汚れやすい場所で、
ケアを怠ると意外なくらいに
すぐ白化が始まります。

この部分も、P8コートでケアします。


巷では、一回コーティングすると、メンテンス不要を謳っているものあれば
〇年保証!なのにメンテナンスキットが付いていたりと
本当に様々です(;^_^A

結局、車も人間の顔や身体も、放っておけば汚れてしまうのです。

ただ、車を毎日洗車して、WAX掛けをするのは現実的ではありませんよね。

なので、「汚れにくくて、たとえ汚れても、簡単にキレイにすることが出来る
ボディを作ることが重要になってきます。

そのために必要なのが「保護膜」なんです!

今後も、このお車をケアするたびにアップしてゆきますね!



2020年12月29日


初回仕上げから、2か月が経過しました。

保護膜は痩せてきていますが、まだ少し残っています。

保護膜を補充します。


窓ガラスに映り込んだ景色も
クッキリきれいに。
このお車の駐車環境が、大きな木の近くのため、樹液の影響か
水洗いの時のタオルの感覚が粘る感じがしました。

ピッチレスコートで保護膜補充して、樹液からボディを守ります。
ドアミラーの隙間に汚れが溜まっています。

この場合は、P8コートを刷毛に少量付けます。
刷毛を隙間に入れて軽く撫ぜます。

竹串にタオルを巻いて、余剰膜を拭き取ります。


キレイに仕上がりました。

今回のケアで、天井の汚れに粘りがあること、
駐車環境に大きな木があり樹液が落ちてくる可能性があること
を確認しましたので、今後はそれらを踏まえてケアしてゆきます。

お客様のお車の駐車環境を把握することもそうですが、お客様との会話の中で
いろいろな情報を収集して、常に極上の仕上がりを目指すことも
私の仕事です。

次回は2月のケア予定です。花粉の季節かもしれませんね。



2021年2月27日


今回が3回目のケアになります。

今回は、ピッチレスコートの様々な箇所のケア方法を
ご紹介します。

ボディは保護膜が痩せたぶん
キチンと保護膜補充します。


ドアの内側も保護膜補充。
こういった見えない場所の
ケアが大事です。
リアゲートの内側部分は汚れが溜まりやすい
場所なので、保護膜を作ることで
汚れが付いても簡単にケアできます。
給油口周りは、汚れが付きやすいので
事前に保護膜を作ります。


ドアノブ付近も同様に
爪きず防止として保護膜を作ります。

雨や紫外線のダメージを受けやすい
天井部分もしっかり保護膜を施します。
室内もピッチレスコートの出番です((´∀`))

液晶画面まわりのパネルや、シフト周り
ウッドパネルなども、ピッチレスコートで保護膜
を作ることで、印象を引きしまったものに
変えてくれます。





ピッチレスコートの最大の魅力は、弾力のある保護膜と品のある艶感
そして、軽~く塗ってサッと仕上げることが出来る優れた作業性です!

そのへんのWAXやコーティング剤ではそうはいきませんよ~((´∀`))

ピッチレスコートで、ぜひ愛車のお手入れをお楽しみください!




トップページに戻る






copyright (C) 2019 谷岡/美装 All rights reserved.