ピッチレスコート

 Q  ボディのキズは消えますか?


 A  研磨剤でキズを削って消すのとは違い、保護膜がキズの中に入り込んで埋めて消すというイ
    メージです。保護膜が痩せてくると、キズはまた出てきますが、研磨剤のようにキズを消
    すたびにボディにダメージを与えませんので、定期的に保護膜を補充していれば、末永
    く愛車のコンデションをキープ出来るのが特徴です。※キズの状態によっては、完全に
    消えない場合もあります。


  「どうしてもキズを完全に消したい」とおっしゃる方へ


  研磨剤とポリッシャーでボディを一回磨いて削れる厚さは何ミクロンといわれています。
  もちろん、一回磨いただけで塗装面がはがれるわけではありませんが、何度もくり返す
  とで塗装は薄くなってしまいますので、一度ポリッシャーで研磨して、その後はピッチ
  レスコートで保護膜を補充してボディのコンディションをキープする方法もあります。
  ※下地の出ている深いキズや、爪が引っかかるようなキズの場合は完全に除去できな
    場合もあります。

  谷岡/美装では、研磨業の経験を活かし、今後ポリッシャー研磨のメニューを加えて
  いく予定です。

■窓ガラスコート

 Q  窓ガラスに塗った液剤はすぐに拭き上げて良いですか?

 A  いいえ。窓ガラスコートは、ガラス状の汚れを浮き上がらせながら乾きます。
    作業環境(温度・湿度)にもよりますが、約1~3分で乾きます。液剤が十分に乾いて
    から拭き上げますとムラなく透明感のある仕上げが出来ます。

■P8コート

 Q  誤ってボディにスプレーしてしまいました。ボディに悪影響はありますか?

 A  大丈夫です。P8コートは水溶性ですので、水拭きやピッチレスコートで除去すること
    が出来ます。

■P113

 Q  内装部分についたファンデーションは除去できますか?

 A  汚れの付き具合や、放置時間など状況にもよりますが、汚れた部分にP113
    をスプレーして、タオル、スポンジ、歯ブラシなどでかなり好転させることが出来ます。






ブログ トップページに戻る


トップページに戻る




copyright (C) 2019 谷岡/美装 All rights reserved.